Creating the model of activity medicine

活動医学モデル創造

Make tomorrow better than today

明⽇は今⽇よりすごい

1987年 リハビリテーション医学の講座が藤⽥医科⼤学に開かれました。以来「⼈の活動と⽣活の向上」を追求し30余年。

数名ではじまった講座は、4病院・12部⾨を擁する⽇本最⼤級のリハビリテーション組織 藤⽥医科⼤学 リハビリテーション部⾨ -Fujita Health University Rehabilitation Complex- へと⼤きく成⻑しました。

今日も672名(2020年現在)のメンバーが、リハビリテーション医学「活動の医学」を臨床で実践し、研究を進め、まったく新しい未来の創造に挑戦し続けています。

Greetings & Our History

代表挨拶/リハビリテーション部門の歴史

活動の医学で世界に貢献する

リハビリテーション部門 代表
藤田医科大学医学部リハビリテーション医学 I 講座 主任教授
大高 洋平

代表挨拶